Chromebook チップ集

Chromebookでステータス領域にバッテリー残量を表示する裏ワザ

2021年10月26日

Chromebookでステータス領域にバッテリー残量を表示する裏ワザ

はじめまして、クロームブッカーともぞう(@tomozou3500)です。

今回はChromebookのステータス領域(右下の時計などが表示されているところ)に常時「バッテリー残量表示」する裏ワザを紹介します。

このページで紹介する方法を使うと、下記のように表示されるようになります。

Chromebookのタスクトレイにバッテリー残量がアイコンで表示されている。
バッテリー表示の正確さを示すため、ステータス領域をポップアップ表示しています。

方法はとてもシンプル

バッテリー残量を常時表示させる裏ワザは、Google Playストアで「Accu​Battery」というアプリをインストールするだけ。

下記リンクから追加するか、

Google Play で手に入れよう

ランチャー画面のPlayストアを開き

ChromebookランチャーからGoogleプレイストアを開く
Chromebookのランチャー画面からGoogle Playストアを開く

[AccuBattery]と検索してインストールします。

Chromebookウェブストアでaccubatteryをインストール
筆者はインストール済みなので[開く]と表示されていますが、インストール前は「インストール」と表示されているので、ここをクリックします。

なお、このアプリ本来の使い方については下記記事で紹介しています。

関連記事

おまけ ステータス領域に日付を表示する方法

最初の画像には日付が表示されていますが、Chromeのアドレスバーに「chrome://flags」と入力、実験機能の[Enable Show Date in Tray]を探してEnabledとすることで日付が表示されるようになります。

【2023年1月最新版】Chromebookの選び方ガイド

6つのチェックポイントとおすすめ厳選モデル7選

トップへ戻る

PR

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。他にブログ『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を運営しています。

-Chromebook チップ集
-