お手頃価格で着脱式キーボードのLenovo IdeaPad Duet Chromebook

現在開催中のCESにて、Lenovoが着脱式のキーボードを備えた2 in1 のChromebook、IdeaPad Duet Chromebookを発表しました。

ディスプレイサイズは10.1インチで、ヒットモデルASUS Chromebook Flip C101PAと同じサイズです(解像度は別)。本体に加えてキックスタンドカバー、着脱式キーボード付属で価格は$279からと非常にお値打ち価格となっています。携帯性に優れ、タブレットとしても使えるモデルで、需要が多く見込めそうなモデルです。それでは詳しく見てみます。

※現在は国内アマゾンなどで販売中です。価格は¥39,800から。

スポンサーリンク

「IdeaPad」ブランドである意義

今回のIdeaPad Duet Chromebookですが、名前にIdeaPadがついています。Lenovoはビジネス向けのThinkPadなどを展開していますが、IdeaPadは2008年から育てている、消費者向けPCのブランドです。DellのInspiron Chromebookも同様ですが、長期にわたり育ててきたブランド名をつけて売り出すところにLenovoの本気を感じます。

前置きはそれくらいにして、スペックを見ていきます。

IdeaPad Duet Chromebookの特徴とスペック

ディスプレイサイズは前述の通り10.1インチなのですが、解像度1920 x 1200のタッチ対応で、輝度400ニット。ちなみにASUS Chromebook Flip C101PAは解像度が1280×800。サイズを考えると解像度が大いほどよいというものでもないのですが、IdeaPad Duet Chromebookはタブレットとして使ったときの体験も重視したモデルと言えます。

作業するとき文字が小さすぎると感じた場合は、解像度を下げて使えば(ショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[-])OKだと思います。

重量もキーボード無しの状態で426gと、iPadなどと比較しても遜色ない重量に仕上がっています。

モデルIdeaPad Duet Chromebook
ディスプレイサイズ10.1インチ(1920×1200)
タイプキーボード着脱式
2-in-1
ディスプレイ仕様タッチ対応 IPS
400ニッツ
CPUMediatek Helio P60T
(オクタコア)
RAM4 GB LPDDR4
ストレージ128GB eMMC
インターフェースUSB Type-C x1
サイズタブレット本体:約 239.8×7.35×159.8mm
キーボードとスタンドカバー装着時:約 244.9×18.2×169.3mm
重量タブレット本体:約 450g
キーボードとスタンドカバー装着時:約 920g
無線LANIEEE802.11ac/a/b/g/n
バッテリ駆動時間最大10時間
参考価格¥44,880(税込み)

インターフェースはUSB-C 1つで、外部ディスプレイ出力・充電はここから。本格的に使うならUSBハブを使うのも1つ。

Mediatek Helio P60Tについて

気になるのがCPUとして搭載されているMediatek Helio P60TというSoC。比較のため、ASUS Chromebook Flip C101PAなどに搭載されているRockChip RK3399(通称:OP1)と比較してみます。

ともに、高性能で消費電力も多いbigコアと、性能は控えめながら省電力性に優れたlittleコアを組み合わせた「big.LITTLE」構成となっています。

チップMediatek Helio P60Rockchip OP1
littleコア
Cortex-A53 x4
bigコアCortex-A73 x4Cortex-A72 x2
bigコア動作クロック2.0GHz2.3Ghz
GPUARM G72 MP3ARM Mali-T864
発売時期2018年2016年

省電力時に動作するittleコアはCortex-A53 4つで共通ですが、ハイパワー時に動作するbigコアがMediatek Helio P60TはCortex-A73が4つ、OP1はCortex-A72が2つ搭載されています。

少し調べた感じでは、Cortex-A73はCortex-A72をベースに、サーバー向け機能などを全てそぎ落としてスマホに最適化したもので、処理性能・電力効率が3割程度向上したとのことです。

参考:2017年に登場するARMの新CPUコア「Cortex-A73」と新GPUコア「Mali-G71」は,どんな特徴を備えているのか – 4Gamer.net

個々の性能自体が高いうえ、数も倍になったbigコアを見る限り、IdeaPad Duet ChromebookはASUS Chromebook Flip C101PAと比較してかなりの性能アップが期待できそうです。OP1も悪い訳ではないですが、流石に4年経つとより良いものが産まれて当然。

ASUS Chromebook Flip C101PAは息子に買ったもので、私が使いこんでいるわけではないので確証はないのですが、少し触った感じだとストレスなく動作し、問題はないです。通常のChromebookとして使う分にはMediatek Helio P60Tで全く問題ないと思います。

まとめ

今まで着脱式のChromebookには12インチのhp Chromebook X2とGoogle Pixel Slateの2つがありましたが、ともに$400を超えており、少々手が出しづらい。さらにhp Chromebook X2は2Kながらキーボードを外した状態でも結構な重量(735g)があり、タブレットとして使うのは、多少きつそうです。Google Pixel SlateはGoogleがタブレットから撤退していて販売を終了しているので、入手のハードルは高いです。

また、ASUS Chromebook Flip C101PAは10.1インチディスプレイを採用して抜群の携帯性を誇り、洗練された見た目も相まってヒットしたモデルなのですが、IdeaPad Duet Chromebookが価格・コンセプト共に一歩リードした形です。

ただ、ASUS Chromebook Flip C101PAも古くなっていることもあり、ASUSからも何か動きがあってもおかしくない。今後はこの分野でも競争が生まれそうで、消費者としては歓迎したいところです。5月初めに発売する予定とのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

※国内でも販売を開始。税込み¥44,000程度とかなり攻めた価格になっています。ヨドバシカメラ・Bic Cameraなどで販売しています。国内でも大分供給が安定してきましたが、まだ時折品切れを起こします。気になる方はぜひチェックしてみてください。
Bic Cameraでチェック

追記.
長らく品切れが続いていたアメリカアマゾンでも入荷したようです。日本直送へ対応。但し日本で買う方が安いです。英字キーボードが欲しい方は一考の価値ありという感じです。

IdeaPad Duet Chromebookをポチる前に確認しておきたいポイント | Chrome通信
Lenovo Ideapad Duet Chromebookがちょっとした祭りになっている理由を解説 | Chrome通信

現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信