プレミアムモデル、Acer Chromebook Spin 13のスペック

ASUS C223NAに続いてAcer Chromebook Spin 13も近日発売予定。

スポンサーリンク

Acer Chromebook Spin 13 特徴

フリップタイプのアルミ製のボディに13.5インチ2K(解像度2256 x 1504)のIPSディスプレイを搭載し、下位モデルがCoffee Lake-S Core i3、RAM8GB、ストレージ64GBで$749.99から、上位モデルはCore i5-8250U、RAM 16GB、ストレージ128GBモデルが$949.99$639からと、まごうことないプレミアムモデルとなっています。ディスプレイは通常のアスペクト比16:9ではなく、3:2と縦に長くなっています。タスクバーを右に配置すると、ブラウジングが捗りそうです。

ストレージが大きめですが、フリップタイプでアプリを入れていると、やはりストレージを圧迫します。クラムシェルなら、あまりプレイストアに用はないのですが、フリップタイプだとどうしてもね。ただ、ChromebookがLinuxアプリに対応し始めているということで、今後発売するモデルについては、今まで以上に容量が求められることは間違いないです。

その他の特徴として、Acer Chromebook Spin 13には本体収納型のワコム製スタイラスペンが付属。また、下位・上位モデル共にゴリラグラスのトラックパッドを備えるという豪華さ。ポートはUSB-C2つ、USB-A1つ、その他マイクロSDカードスロット付き。2018年9月に発売予定です。9月はアメリカの学校の新学期になりますので、そこに当ててきた形です。

現在米アマゾンでは上位モデルのみ販売されている状況です。ただ、値段がかなり下がっているので、狙い目でもあります。


現在過去記事を全体的にリライト中です。よければ過去記事もご覧ください。目次 | Chrome通信