DellとAcerが14インチの新型Chromebookを発表

2018-08-31 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ドイツで開催中の国際コンシューマ・エレクトロニクス展IFAで、DellとAcerが14インチの新型Chromebookを発表しました。

国際コンシューマ・エレクトロニクス展(こくさいコンシューマ・エレクトロニクスてん、独: Internationale Funkausstellung、略称IFA)は毎年9月にドイツ・ベルリンのメッセハレンを中心に開催されるCESと並ぶ世界最大規模の見本市。
引用:国際コンシューマ・エレクトロニクス展

スポンサーリンク

ACER CHROMEBOOK 514

まずAcerから、ACER CHROMEBOOK 514が発表。

ACER CHROMEBOOK 514

立ち位置的には、低価格で人気を博しているCP5-471の後継機かとも思いましたが、型番的にはAcer Chromebook 15 CB515-1HT-P39Bの14インチ版というところでしょうか。まあどちらでもいいのですが、スッキリとした見た目が好印象のモデルです。また、ディスプレイ横のベゼルが細くなっており(6mm)、本体サイズは私の所有するAcer Chromebook 14 for Workと同じ、13.3インチと思われます。

今回のACER CHROMEBOOK 514はCP5-471と同じくフル液晶(1920×1080)で、$350から。スペックは定かでないですが、中身は月並みなスペックと思われます。また、USB-CとUSB-Aを各2つ備え、バッテリー持続時間12時間とのこと。ですが、今回のモデルの目玉はなんといってもバックライト・キーボードと、ゴリラグラスのタッチパッド。普通に使う分には十分な満足感が得られる良モデルとなりそうです。ただ、フリップではなく、クラムシェルタイプ。

ACER CHROMEBOOK 514 top

Dell Inspiron 14

個人的にずっと熱望していたDellのプレミアムモデル。過去にDell Chromebook 13と、当時としてはプレミアムモデルを出して以来、数年間教育モデルのみを作っていたDellから、フリップタイプのプレミアムモデル、Chromebook Inspiron 14が登場。Inspironのブランド名が付くのは初めてです。

Dell Inspiron 14

スペックは第8世代Intel Core i3-8130U,4GBのRAM(DDR4 2400MHz),128GBのストレージとプレミアム。ディスプレイ解像度は1920 x 1080(300 nits)で、スタイラスペンを内蔵し、バッテリー持続時間はなんと15時間。USB-C2つとUSB-A1つ、マイクロSDカードスロットつき。

見た目がやや野暮ったいですが(厚さ1.6センチ&1.81kg…)、実用性だけで言えば、最高峰に位置するモデルとなりそうです。気になる値段は$599から。

まとめ

ホリデーシーズンに照準を向けて来た感のある両モデル。正統進化版のACER CHROMEBOOK 514とプレミアムモデルDell Inspiron 14と楽しいモデルが加わりました。12.5インチがすっかりトレンドとなっていましたが、Dell Inspiron 14が14インチなのは興味深い。14インチディスプレイでのタブレット体験は未知の世界となりそうです。

(Visited 56 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク