Acer Chromebook 14注文に至った諸事情

2018-04-03 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

半ば勢いで買った感じがあるAcer Chromebook 14ですが、買った後、おふぃすかぶさんの記事、[かぶ] 当ブログ経由で米Amazonで昨年最も売れたChromebookを振り返りつつ、この2年眺め、買い続けてきた私が感じる「買える時が買い時」の理由。を拝読し、まさにその通りだなぁと感じたところがあります。それは、Chromebookの値段のは読めないところと、いつの間にか入手不可になる可能性の2つです。

スポンサーリンク

いつの間にか入手不可能になったモデルの思い出

今回注文したAcr Chromebookと同じCPUを搭載していたLenovo ThinkPad 13が一時期$200で販売されていましたが、うかうかしている間に入手不能に。その後復活したみたいですが、ずいぶんと高値に…。

また、大本命の全部入りモデルのASUS C302ですが、一時期$420程度まで下がっていたものの、値段はアップダウンを繰り返し、現在は最高値を更新しているような状況。いずれ欲しいと思っていたモデルNo.1なのですが、今最高値とはタイミングが悪い。さらに、待っていたら価格が下がる保証はなく、むしろ在庫なしとなってしまう可能性もあり、悩ましい。

かつて、Acr Chromebook 14のライバル的存在であったプレミアムモデル、Dell Chromebook 13やhp Chromebook 13も、現在は入手困難です。Dell Chromebook 13に至っては、もはや幻のモデルの感すら漂います。評価も高く、いづれ欲しいと願ってましたが、ダメでした。こちらは消えて長いですが、復活する気配すらありません。名モデルですが、惜しいですね。

定期的にChromebookをAmazon.comで見回っているなかで、今回、運よく日本直送のAcer Chromebook 14を見つけたわけですが、このモデルも(上位モデル含め)当初は直送不可であったと記憶しています。

今までChromebookの動向を眺めていた経験から、今少し臨時収入が入ってきたタイミングでAcer Chromebook 14 CP5-471-C0EXが$250&日本直送になっているという状況は千載一隅と考え、注文へと至った次第です。理由は欲しかったから。それだけです。

まあ強いて言えば、現在所有しているCB3-111のバッテリーがヘタって来たことくらい。PCゲーム(FF14)にハマっている身としては、10年使っているディスプレイを新調し、HDDをm2.SSDへ交換する方へお金を使った方がよい(PCIスロットマウンターの値段を考えても、大体同じ値段でイケる計算)のではないかという気もしますが、自分の気持ちに正直に。

そんなAcer Chromebook 14 3855U版、唯一の不安要素(唯一妥協した点でもあります)が、ディスプレイ解像度が1366×768である点(Core i3,i5版は1920×1080です)。現状では4K動画などを見るわけではないので、むしろソフト面がボトルネック(正確な表現ではありあませんが、ご勘弁)になると考えた上での決定ですが、こればかりは実物を見てみないと何とも言い難し。11.6インチのCB3-111(1366×768のTNディスプレイ)は、そもそも画面が小さいので粗が目立ちにくいのですが、14インチでどう見えるかは、ちょっと予想が付きがたい。

ただAcer Chromebook 14、解像度は残念な感じですが、ディスプレイはIPS方式なので、視覚野の良さには期待が持てます。CB3-111は視覚野が狭く、少しでも見る角度が変わると、途端にモノクロっぽくなってしまうんですよね。

CB3-111は、3年以上使い倒しているため、さすがにバッテリーが弱り、フル充電でも5時間持つかどうかといったところ。最近急激に低下しました。ただ、モバイル用途ならこれで十分なので、今後CB3-111はモバイル専用機として運用していく予定です。

追記:
過去に妻、そして息子に買ったChromebook C100PA, C101はセラー=Amazon.comでしたが、今回は始めて名前を聞いたDeal Arcというセラーから注文。発送はDHLがやってくれるそうで、現在荷物の追跡可能。予定通り到着しそうです。

(Visited 31 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク