ChromebookからWindowsのフォルダへアクセスする方法

2018-11-05 | By ともぞう
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

久しぶりの実用テクニック紹介です。今回は離れたところにあるWindows機にあるフォルダへアクセスする方法を紹介します。あらかじめ、Windowsのフォルダへ動画ファイルや音楽ファイルを入れておけば、Chromebookからアクセスして再生できるというものです。まあWindowsを予め立ち上げる必要があるので、需要があるかは分かりませんが。

スポンサーリンク

Windows側の設定

Windows側から、フォルダを共有するための設定を1度だけ行う必要があります。手順は

1.共有したいフォルダを右クリック>共有タブ>共有ボタンと進み、

2.共有する相手を選んでください、というところで、Windowsアカウント名のユーザー名が表示されるので、クリックして、下の共有ボタンをクリック。

これでOKです。また、Chromebookの設定でWindows機のIPアドレス入力が必要です。

Windows機のIPアドレスの調べ方は、Windowsでコマンドプロンプト(Windowsシステムツール内にあります。見つからない場合は、左下の検索窓でコマンドプロンプトとタイプしてみてください。)を起動し、[ipconfig/all]と打ち込みます。情報が一覧で出てきますが、「IPv4アドレス」の項目のところに出てくる数字をメモっておきます。詳しい人は、IPアドレスを固定しておくのが吉です。

Chromebookからの設定

「ファイル」アプリ(青いフォルダのアイコンのやつ)を開きます。以前は左下に各種サービスをマウントするためのものがありましたが、いつの間にか右上の横3本線のアイコンのところに移動しています。アイコンをクリックすると、ドロップダウンメニューが現れますので、[新しいサービスを追加」をクリックします。

初回は[ウェブストアからインストール]を選択し、「File System for Windows」というものをインストールします。インストール後、以下のようになるので、「File System for Windows」をクリック。

すると、下記の画面が出てきます。

表1

ここで接続のための情報を打ちます。打ち込むところは3つ。赤枠で示したところです。

IPアドレス・・・メモったWindows機のIPアドレス
ユーザー名・・・Windowsのアカウント名
パスワード・・・Windowsログイン時のパスワード

入力後、Mountをクリックすると使えるようになるのですが、次回以降ワンクリックで使うため、Mountする前に少し設定をしておきます。まず、オプション(表1の緑の下矢印でしめした歯車アイコン)をクリックすると、以下の画面になります。

ここで、Keep PasswordのところをYesにしておきます(私は設定済みなので画像ではYesになっていますが、デフォルトではNoにチェックが入っています)。Yesにチェックを入れた後、右下のCloseをクリックして閉じ、「Keep」(表1の緑枠で示したところ)を押すと、打ち込んだ情報が保存されます。後はMoutをクリックすると、「ファイル」アプリの左ウィンドウに、共有したフォルダが現れます。これで完了。共有フォルダ内のファイルにアクセス可能となります。

次回以降は、表1の黒で塗りつぶしてあるところをクリック1つで接続可能となります(実際にはWindowsアカウント名が表示されます)。うまくいかないときは最初の手順からたどっていってください。

File System for Windows使用感

動画ファイルですが、mp4だと問題なく再生可能です。avi形式は、再生可能ですが、ファイルによっていは音声だけだったりとやや不安定。avi視聴で問題がある場合は、VLC動画プレイヤーなど別途用意する必要があります。なお、小ネタですが、Chromebook純正プレイヤーで再生中は、[j][l]で10秒戻し・送り、[k]もしくは[space]で一時停止、[←][→]で3秒戻し・送りです。

ストリーミング再生は特に遅延などもなく、快適に再生可能です。もちろん、ネット環境が整っていることが条件ですが。

File System for Windowsの注意点

注意点ですが、マウントしたものをChromebook側から再生する分には問題ないのですが、フォルダやファイルを移動しようとしたり、リネームを試みたりと、編集に関わることをするとフリーズしてしまいます。挙句、使えなくなります。やらかしてしまったときは、一度「File System for Windows」をアンインストールし、再インストールして設定することで再び使用可能になります。Chromebookからファイルの操作をする場合は、Chrome Remote Desktopを使うとよいと思います。

Chrome Remote Desktopは長らくWindows機でエラーが出ていて使えない状態だったのですが、先日解決。もし、Chrome Remote Desktopがエラーで使えないという方がいらっしゃれば、下記リンクをご参照ください。
Chrome Remote Desktopのエラー対処法 | 只今、迷走中

余談ですが、[新しいサービスを追加]というところで、ドロップボックスやBoxアプリを選択すれば、「ファイル」アプリにマウント可能。あたかもローカルにあるかの如く使用できます。

(Visited 206 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク