Chrome OS 機能 使い方 設定

【ネットワークファイル共有】ChromebookからWindowsフォルダへアクセスする方法

2018-11-05

Chromebookから同一LAN内にあるWindows PCのファイルへアクセスする方法の紹介です。

Windows PCの任意のフォルダに動画ファイルや音楽ファイルを入れておけば、Chromebookからそのフォルダへアクセスしてファイルの閲覧やストリーミング再生が出来るようになります。Windows PCを予め起動している必要があるので、需要があるかは分かりませんがとりあえず。腕に覚えのある方はLinuxの省電力サーバーなどを使って活用できるかもしれません。

参考

Wake on LANアプリを使用することでWindows PCを遠隔起動することが可能です。スマートフォン、またはChromebookで利用可能です。

Windowsでの設定

Windows側から、フォルダを共有するための設定を1度だけ行う必要があります。手順は

1.共有したいフォルダを右クリック>共有タブ>共有ボタンと進み、

2.共有する相手を選んでください、というところで、Windowsアカウント名のユーザー名が表示されるので、クリックして、下の共有ボタンをクリック。

これでOKです。また、後のChromebookの設定で、Windows機のIPアドレス入力が必要なので、この時点で調べておきます。

Windows機のIPアドレスの調べ方は、Windowsでコマンドプロンプト(Windowsシステムツール内にあります。見つからない場合は、Windows左下の検索窓で[cmd]とタイプしてみてください)を起動し、[ipconfig /all]と打ち込みます。情報が一覧で出てきますが、「IPv4アドレス」の項目のところに出てくる数字をメモっておきます。詳しい人は、IPアドレスを固定しておくのが吉です。

ここで設定したフォルダに、共有したいファイルを置いておきます。

Chromebookでの設定

Chromebookにプリインストールされている、「ファイル」アプリ(青いフォルダのアイコンのやつ)を開きます。

右上の横3本線のアイコンをクリックすると、ドロップダウンメニューが現れますので、[新しいサービスを追加」をクリックします。

初回のみ[ウェブストアからインストール]を選択し「File System for Windows」というものをインストールします。インストール後「File System for Windows」をクリック。

すると、下記の画面が出てきます。

表1

ここで接続のための情報を打ちます。打ち込むところは赤枠で示した3つ。

  1. IPアドレス・・・Windows機のIPアドレス
  2. ユーザー名・・・Windowsのアカウント名
  3. パスワード・・・Windowsのパスワード

ユーザー名、パスワードはWindowsでログインするときに使用しているものを打ち込みます。

入力後、[Mount]をクリックすると使えるようになるのですが、次回以降、入力の手間を省くため、[Mount]をクリックする前に、入力した情報を保持する設定をします。

まず、オプション(表1の緑の矢印で示した歯車アイコン)をクリックすると、以下の画面になります。

ここで、Keep PasswordのところをYesにしておきます(私は設定済みなので画像ではYesになっていますが、デフォルトではNoにチェックが入っています)。

Yesにチェックを入れた後、右下のCloseをクリックして閉じ、「Keep」(表1の緑枠で示したところ)を押すと、打ち込んだ情報が保存されます。後はMoutをクリックすると、「ファイル」アプリの左ウィンドウに、共有したフォルダが現れます。これで完了。共有フォルダ内のファイルにアクセス可能となります。

次回以降は、表1の黒で塗りつぶしてあるところ(実際にはWindowsアカウント名が表示されます)をクリックすれば、上の手順で登録しておいた情報が自動入力され、[Mount]をクリックすれば接続可能です。

File System for Windows使用感

動画ファイルですが、mp4だと問題なく再生可能です。avi形式は再生可能ですが、ファイルによっていは音声だけだったりとやや不安定。avi視聴で問題がある場合は、VLC動画プレイヤーなど別途用意する必要があります。

なお、小ネタですが、Chromebook純正動画プレイヤーで再生中は、[j][l]で10秒戻し・送り、[k]もしくは[space]で一時停止、[←][→]で動画の長さの約1%分の巻き戻し・早送りです。

ストリーミング再生は特に遅延などもなく、快適に再生可能です。

File System for Windowsの注意点

注意点ですが、マウントしたものをChromebook側から再生する分には問題ないのですが、フォルダやファイルを移動しようとしたり、リネームを試みたりと、編集に関わることをするとフリーズした挙句、使えなることがあります。

やらかしてしまったときは、一度「File System for Windows」をアンインストールし、再インストールして設定することで再び使用可能になります。Chromebookからファイルの操作をする場合は、Chrome Remote Desktopを使うとよいと思います。

余談ですが、[新しいサービスを追加]というところで、DropboxやBoxアプリを選択すれば、「ファイル」アプリにマウント可能。あたかもローカルにあるかの如く使用できます。

PR

-Chrome OS 機能, 使い方, 設定

あなたにおすすめの記事

Chrome OS Chrome OS 機能

Chrome OS 89に搭載予定の新機能QRコードリーダー

Chrome OSは2週間に一度程度と結構頻繁にアップデートされるのですが、次に公開されるChrome OS バージョン 89にて追加される新機能があるので軽く見ていきたいと思います。

Chrome OS 機能 ニュース

今後ChromebookのWebカメラが1080p/60fpsに進化するかも

これまでさほど気に留められることのなかった内蔵ウェブカメラの解像度ですが、コロナ禍でリモートワークが増えた影響でフルHD動画をサポートするようになったウェブサービスがちらほら出現。そんな流れに応えるため、今後は1080p/60fpsに対応したウェブカメラを搭載したChromebookが登場するようです。

Chrome OS Chrome OS 機能 アプリ・拡張機能 使い方

ニアバイシェアでAndroidからChromebookへファイルを送信する方法

AndroidからChromebookへ「ニアバイシェア」を使ってファイルを送信する方法を解説します。

smart_lock-chrome-eyecatch

Chrome OS Chrome OS 機能 使い方

Chromebook Smart Lock(スマートロック)の設定方法とコツ~ログイン時のパスワードが不要に

パスワード入力なしでChromebookへログインできる機能「Smart Lock(スマートロック)」の設定方法を解説します。アンドロイドのスマホ(Android 7.0以上)があればChromebookのアカウントの写真をクリックするだけでログインできるようになリます。

chromebook line eyecatch

Chrome ウェブアプリ アプリ・拡張機能 使い方

ChromebookでLINEを使いたい時の設定方法と注意点

1デバイス-1アカウント方式のLINEですが、スマホでLINEを使いつつChromebookからもLINEを使うことが可能です。もちろん内容はすべて同期されます。ただ、下記手順でやらないと、使えない!となる可能性があるので正しい設定方法を解説します。また、実際のLINEの使い方と、拡張機能を追加したのに見つからない場合の対処法も記します。

office 365

使い方

Office OnlineへChromeブラウザから一発アクセス

Office OnlineへChromeブラウザから一発アクセスできる拡張機能「Office Online」の紹介。

使い方

スティック型でChrome OSを搭載した「Chromebit」の使い方を考察

仕事の場面でむしろその真価を発揮しそうなスティック型「Chromebit」。その使い方を考えてみました。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2016 Chrome通信