Chrome news logo

このサイトについて

このサイトはChromebook(クロームブック)についてのブログです。

ChromebookとはGoogleのブラウザ、ChromeOSだけ動けばいい、というコンセプトで作られた、ウェブブラウザー「Google Chrome」を動かすためのGoogleが開発したパソコンで、Acer、ASUS、hp、Dellなどから様々なモデルが販売されています。本国、アメリカでは既にノートパソコンの3割近いシェアを持つヒット商品で、2014年9月に月間販売台数でウィンドウズ機を抜き、大きな話題となりました。

Chromebookの主な特徴(メリット)は

  • Chrome OSが非常にシンプルなOSなので、低スペックのハードウェアでもサクサク動く。
  • OSがオープンソースで開発されているため、価格が安い。
  • 同様の理由で起動
  • 終了ともに爆速。電源を入れて5秒くらいで起動。シャットダウンは2秒程。
  • 軽い(一番重いHPの14インチ型で約1.8キロ。軽いものだと1.1キロ程度)。
  • バッテリーが長持ちする(どの機種も8時間は持つ模様)。長いもので12時間程。
  • OSが自動で最新に保たれるが、知らない間に終わっていて、立ち上げ→更新中といった事態を回避
  • セキュリティ面で強く、ウイルス対策が不要。

など多数。用途がウェブのブラウジング、メール、YouTube閲覧、Googleドキュメントを使った資料作り程度であれば非常に魅力的なPC、それがChromebook。

追記:現在もはや出来ないことはないというくらいChromeアプリが充実しています。この環境が整ったことでChromebookの立ち位置は制限の多い安価なPCからChromeアプリを使うためのプラットフォームへと変貌を遂げました。それに薄くて軽い、さらに起動・終了が爆速ということでモバイル用途や自宅でのサブマシンとして活躍が期待出来るChromebook。

このブログで扱うトピックは

  • Chromebookについての動向
  • Chromeアプリ、拡張機能の紹介
  • Chromebookの活用法の紹介

が中心となります。Chromebookに興味がある方、是非お付き合い下さい。

なお、私はGoogle、および他のChromebookメーカーと、一切関係がありません。Chromebookが好きなイチユーザーであり、ただの会社員です。

PR

PR

人気記事

1

Chromebookを初めて使う場合、多少操作に戸惑うこともあるかも知れませんので、簡単に使い方を説明します。日本語を使うための初期設定も紹介します。

2

1デバイス-1アカウント方式のLINEですが、スマホでLINEを使いつつChromebookからもLINEを使うことが可能です。もちろん内容はすべて同期されます。ただ、下記手順でやらないと、使えない!となる可能性があるので正しい設定方法を解説します。また、実際のLINEの使い方と、拡張機能を追加したのに見つからない場合の対処法も記します。

3

パスワード入力なしでChromebookへログインできる機能「Smart Lock(スマートロック)」の設定方法を解説します。アンドロイドのスマホ(Android 7.0以上)があればChromebookのアカウントの写真をクリックするだけでログインできるようになリます。

4

Chromebookに同一LANネットワーク内にあるネットワークプリンターを繋いで印刷する方法を記します。

Chromebook オフラインで出来ること 5

Chromebookは「オフラインでは何もできない」「オフラインではただの箱」と勘違いされがちですが、Chromebookはオフラインでも使えるデバイスです。そんなChromebookがオフラインで出来ることについて記しておきます。また、Google Driveのファイルをオフラインで使うための設定方法やGmailのオフライン設定方法を紹介します。

6

Chromebookで設定出来る項目をすべて解説します。

今更聞けないChromebookの基本 7

かつてない盛り上がりを見せるChromebookが気になってはいるものの、どういったものかイマイ2チよくわからない、という方も多いと思いますので、Chromebookの基本的なコンセプト、使い道や普通のノートPCとの違い、現時点での魅力について、まとめたいと思います。

8

HPの14インチフリップタイプの最新フラッグシップモデルのChromebook「HP Chromebook x360 14c」の実機レビューです。

9

日本でも認知度があがってきたこのタイミングでChromebookの選び方をまとめておきたいと思います。これまでは米アマゾンの販売モデルを中心に取り上げてきたのですが、日本でもかなり選択肢が増えてきたので、今回は日本販売モデルが多めです。

2016-02-05

© 2016 Chrome通信