2021年上半期 現時点でのおすすめChromebookまとめ

2021-07-02

14インチモデル

14インチモデルは画面サイズが大きいため、11.6インチモデルと比べると少し値段が高くなりがち。それでも大画面はやはり作業しやすい。あまり持ち運ばない方であればこちらがおすすめです。

Acer Chromebook CB314

お手頃なモデルから高級機種まで多数販売しているAcerのAcer Chromebook CB314。クラムシェル型。14インチの大画面でフルHDでありながら¥39,800と14インチの中でもお求めしやすいモデルになっています。

CPURAMストレージ
Intel Celeron N40204GB64GB

性能面では至って普通。インターフェースはUSB-C 3.2 ポート x1 、USB-A 3.2 ポート x1にmicroSDカードスロット。サイズは約 323x232x16.95mmで重量は約1,400g。スキのないモデルに仕上がっています。

Amazonでチェック


IdeaPad Silm 360 Chromebook

同じく14インチのクラムシェル、IdeaPad Silm 360 Chromebook。レノボ公式サイトにて販売中です。

CPURAMストレージ
MediaTek MT81834GB64GB

バージョン違いの2つのモデルがあり、14インチのディスプレイで解像度が1920x1080である点は共通ですが、¥38,606のTN 非光沢タイプと¥43,641のIPS方式のものがあります。
※価格はどちらもeクーポン適用価格。

Acer Chromebook CB314と違ってCPUにMediaTek MT8183を採用している分、バッテリ持続時間がやや向上。TNディスプレイのモデルが約16時間でIPSディスプレイのモデルが約14.7時間。

おすすめはIPSディスプレイのモデルですが、そうなるとAcer Chromebook CB314の方が安くてパワフルとなり、悩ましいところ。あとは見た目次第。こちらのモデルは背面が特徴的なツートーンカラーになっています。

Lenovo公式サイトでIdeaPad Silm 360 Chromebookをみる


Lenovo Chromebook Ideapad Flex550i

Lenovo製コンバーチブルタイプのLenovo Chromebook Ideapad Flex550iがアマゾンにて販売中です。

CPURAMストレージ
Intel Celeron N5205U4GB32GB

ディスプレイサイズは今では少数派となった13.3インチ。解像度1920x1080ドットのIPSディスプレイ搭載。本体サイズがAcer Chromebook 314と比較すると奥行き、幅ともに2㎝ほど小さめ。

CPUにIntel Celeron N5205Uを搭載している分性能は高め。インターフェースはUSB-C 3.0×2、USB-A 3.0×1、micro SDカードスロット。本体サイズは約 310x212x17mmで重量は約1.38kg。日本語キーボードでタッチペンが付属しています。

アマゾンでの販売価格は¥55,000とやや高めですが、今なら¥7,000OFFのクーポンが付いているのでお得。どんなシーンでも使えるモデルです。

Amazonでチェック


HP Chromebook x360 14c

HPのフラッグシップモデルのHP Chromebook x360 14c。ディスプレイサイズ14インチのコンバーチブルタイプです。

上位モデルのHP Chromebook x360 13cが公式ストアでありえないほどの値引きをしていたので一時的に存在価値をなくしましたが、公式ストアでの値引きが終わり再び選択肢に返り咲き。愛用している一押しモデルです。


CPUにIntel Core i3-10110U、RAM 8GB、ストレージ 128GBと現行モデルの中でもトップレベルの性能を誇ります。重量が約1.56kgとずっしりしていますが、その分質感は非常に高い。家で使うのがメインで予算が許すのであればおすすめです。

Amazonでチェック


特殊なサイズのChromebook

15.6インチの大画面のChromebookと10.1インチタブレットタイプのChromebookを紹介します。

Acer Chromebook CB315

数少ない15.6インチ大画面モデルのAcer Chromebook CB315。

CPURAMストレージ
Intel Celeron N40204GB64GB

スペックは必要十分といったところ。ディスプレイが15.6インチながらフルHDIPSとこの辺りもツボをしっかり押さえています。USB-C 3.1 ポート x1、USB-A 3.0 ポート x1と商品説明ページにありますが、画像を見る限り2つづつあります。おそらく2つづつで間違いないと思います。日本語キーボードでテンキー付き。テンキーを多用する作業をする方にはおすすめです。

Amazonでチェック

現在10%のクーポン配布中

なお見た目がほとんど同じで中身がCPU Intel Core i3-8130U、RAM 8GBのCB715が同一ページで販売中。しっかり作業したい方はこちらがおすすめ。なおこちらのモデルは英字キーボードとなっています。

Lenovo Chromebook Ideapad Duet

キーボードがマグネット着脱式で本体と分離できる2-in-1のLenovo Chromebook Ideapad Duet。

10.1インチで解像度1920 x 1080のディスプレイを搭載。本体重量は約450gとタブレットとして使いやすいサイズ感になっています。スペックはCPUにMediaTek Helio P60T、RAM 4GB、ストレージ 64GB。RAMとストレージは問題ないですが、CPUが若干心もとないです。どちらかというとエンタメ色の強いモデルです。オンラインミーティングをしながら手元で作業などヘビーな作業は不向きな可能性もありますが、サブスクの動画視聴や電子書籍リーダーとしては問題なさそう。同じタイプのASUS Chromebook CM3はKindleアプリが使えないとの情報があるので、Kindleを使う予定ならこちらのモデルがおすすめです。

現在¥8,520OFFのクーポン付き。

Amazonでチェック

まとめ

予算が許せばASUS Chromebook Flip CM5やHP公式ストアで販売中のHP Chromebook x360 13cもおすすめ。特にHP Chromebook x360 13cは4G LTEに対応、厚さも薄い上にMIL-STD-810に準拠している全部入りモデルです。

公式ストアでチェック

関連記事

  • この記事を書いた人

ともぞう

つくば在住のアラフォー会社員。ほかに『初心者による初心者の為のウイスキーの話など。』や『OLD ROOKIE』を書いてます。

-HP, Lenovo, モデルまとめ, モデル紹介