ついに実現!WindowsとChromeOSのデュアルブート!

By | 2016-02-25

cloudready

Chromebookを使いまくっている私ですが、書斎にはWindows機を据え置いてディスプレイにつなげて使っています。その他、プリンターやマウス、キーボード等もPCに繋げてあるので、ワザワザChromebookを繋ぎ直すのも面倒。なので腰を据えて作業するときはWindows機を使います。

書斎で作業するときも調べ物とワープロくらいあれば済むことが大半なので、常々Windows機でChromeOSのデュアルブートが出来ないものかと考えていたのですが、ついに実現!

Neverwareと呼ばれる会社がCloudReadyというソフトを使って、Windows機にChromeOS(に非常に近いOS)をインストールする方法を公開しています。

CloudReady Free Download — Neverware

イメージファイルを保存したUSBメモリを作成して、USBからブートすることでChromeOSを設定をするようです。操作方法は以下で解説しますが、事前に公式マニュアルを読んで熟知しておいて下さい。操作を間違うとデータが全て消えますが、あくまで自己責任でお願いします。なお、現在のところWindows7以降で対応しているようです。

! デュアルブートにはWindowsがUEFIモードでインストールされている必要があり(確認方法はこのサイトが参考になりました。もし無理とわかればこのような解決策もあるようです)、なおかつPCのHDDに32GB以上の空き容量があることが条件のようです。詳しくは公式マニュアルを参照して下さい。

スポンサーリンク

インストール手順(WindowsからUSBメモリを作成する場合)

ステップ1:前準備

インストールしたいWindows機で以下の設定をしておきます。

a.Windows8以降を使っている人は 「高速スタートアップ」機能をオフにします。移行でBIOSへ移行するプロセスがあるためだと思われます。(コントロールパネル>電源オプション>「現在利用可能ではない設定を変更します」>「シャットダウン設定」欄の「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外して「変更の保存」をクリック。
b. デバイスの暗号化を無効にします。
c. 休止状態を無効にします。

また、重要なファイルは必ずバックアップを取ります。操作を間違うとウィンドウズOSもろとも全て消えます。

ステップ2:イメージファイル作成

用意するのは8GB以上のUSBメモリ。中身が全て上書きされるので注意して下さい。

1.CloudReady Free Downloadを開くとファイルの保存先を尋ねてきますので、zipファイルをUSBメモリ以外の任意の場所へダウンロードします。解凍は不要です。

2.「Chrome」ブラウザにChromebook Recovery Utilityを追加します。

3.Chromebook Recovery Utilityを立ち上げ、右上の歯車のアイコンをクリックするとプルダウン・メニューが表示されるので、「ローカル イメージを使用」をクリックします。↓
Chromebook Recovery Utility

4.最初に用意したzipファイルを選択すると↓の画面になるので、ドロップダウンメニューからUSBメモリを選択します。
Chromebook Recovery Utility2

5.「次へ」「今すぐ作成」をクリック。↓画面の青いダウンロードアイコンが緑のチェックアイコンになれば完了。USBメモリを抜きます。
Chromebook Recovery Utility3
これで準備は整いました。

ステップ3:インストール

6.インストールしたいPCを用意。電源を切った状態で上で作成したUSBメモリを挿入。電源を入れ、立ち上がる時にBIOS画面へ切り替え、USBからブートを選択します。

BIOS画面への切り替え方法はメーカー・モデルによって違いますが、概ね以下のとおり。

デル: デルのロゴ表示中にF12
Lenovo:レノボのロゴ表示中にF12
Apple Mac:Optionキーを押しながら立ち上げ
その他のモデル:ロゴ表示中にesc,f1-12を順次試します。

モデル名で検索すると出てくると思います。

7.しばし待つとChromeOSが起動します。設定の入力を求められるままやっていくと(Googleアカウントの入力とwifi情報の入力)ライブ起動した状態になります(*)。この状態で右下のアイコンをクリックすると一番上に「Install CloudReady」とありますのでそれをクリック。次の画面で右下をクリック。次の画面で「Standalone」「Dual-boot」と出てくるので「Dual-boot」を選びます(Standaloneを選ぶとCloudreadyのみ入っているPCとなり、PC内のデータがOS含め全て消えます)。これで30分ほど待つと完了するようです。

*取り敢えずライブ起動だけでいいやという方はここまででOK。

なお、機種によってはデュアルブートをサポートしていないものもあるようです。くれぐれもインストールについては自己責任でお願いします。

追記:
前回書いた情報が間違っていました。訂正してお詫びいたします。自分でもライブ起動を試したところ、爆速起動という訳ではなかったのですが、それなりに快適に使えました。ただフラッシュには対応していないようで、艦これをプレイすることはできませんでした。

follow us in feedly

スポンサーリンク

パソコソブログランキングの順位が174位まで下がったんです!誰か助けて・・助けてクレメンス・・・
パソコン ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です