こんな使い方も!ChromebookにUbuntuを入れて使い勝手を大幅にアップ。

By | 2015-08-06

ChromeはLINEが登場したりしてどんどん使えるPCになってきていますが、プログラムによっては拡張機能に追加されることはまずないだろうなぁ、と思うものもあります。私は仕事でTEXを使うのですが、ChromebookでTEXのコンパイルが出来るか微妙なところ。そこでUbuntu(ウブンチュ)をChromebookに搭載することで解決出来るのではないかと思って調べてみました。

ubuntu

そもそもUbuntuって何?と私も思っていましたが、なんてことはない、OSの名前です。Linuxという名前を聞いたことがあるかも知れませんが、ここから派生していったのがUbuntu。そのほかにもPuppyやChromiumなど。実はChrome OSもこのLinuxの仲間です。MacのOSもそうです。

特徴は(Windowsに比べ)起動が早い、動作が軽い。電池持ちもいいとか。

ただ操作が直観的ではないところもあるのでとっつきにくい印象があります。フリーソフトは充実しています(下記参照)。
UbuntuをChromebookに搭載する手順はこのページに詳しく載っているので割愛。
http://chromesoku.com/ubuntu-on-chromebook/

日本語化はこのページが参考になります。
http://home.catv.ne.jp/dd/kanak/Zlinux/lx034.htm

UbuntuをChromebookに搭載すると書いてますが、切り替えはコマンド1つでシームレスに出来るようです。

これでChromebookの弱点だと思われているオフラインでの作業(個人的にはそれはWindowsもMacも同じで、今時オフライン環境でPCを使うこともないのであまり問題ではないと思っていますが、)も、TEXによる作業もOK。

TEXに限らず、Ubuntuはソフトも充実しているので出来ることが大幅に増えそうです。

とりあえずUbuntuを試してみたい人はライブBoot(インストールせずにOSを立ち上げる)がおすすめ。
これはインスト用のDVDを手に入れ(下記)、パソコンのドライブに入れ、BIOSオプションでDVDから起動を選べば立ち上がります。起動したらインストールせず起動みたいなのが出てくるのでそれを選びます。取り敢えずインストールを考えている人はライブBootを試して、無線LANが問題なく使えるか試してみてください。気に入ったらWindowとのデュアルブートにする方法もあります。(手順はhttp://satomablog.blog.fc2.com/blog-entry-6.htmlを参考にしました。)

Ubuntu OS自体はフリーでダウンロード可能。イメージファイル形式(.img)のものを探してダウンロード。ダウンロードしたイメージファイルを右クリックして「イメージに書き込む」とすればDVDに焼けます。

私もWindowsの動作の遅さに辟易してUbuntuを入れて3日ほど経ちましたが、起動・終了がWindowsより早く(40秒/10秒くらい)、動作もきびきびしているのですこぶる満足です。これからこのサイトを参考にいろいろと試してみようとおもっちょります。

http://mutous.blog120.fc2.com/blog-entry-227.html

follow us in feedly

スポンサーリンク

パソコソブログランキングの順位が174位まで下がったんです!誰か助けて・・助けてクレメンス・・・
パソコン ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です