クロームブッカーはhpのプリンターを選ぶべし

By | 2016-08-21

Chromebookから従来のプリンターを使って印刷するにはグーグルクラウドプリント(Google Cloud Print)を使う必要があります。通常のPCであればプリンターのドライバーをインストールすることでプリンターとのやり取りが出来るようになりますが、そうしたソフトをインストール出来ないのがChromebookの特徴なので。

スポンサーリンク

hpのプリンターを選ぶ理由

そうした中、Chromebookを製造販売しているhp(ヒューレット・パッカード)が「HP Print for Chrome」という拡張機能の提供を開始しました。

hp_print_for_chrome

この拡張機能を使えばGoogle Cloud Printの設定なしでChromebookから直接印刷出来るようになるとのこと。プリンターの機種選びで迷っているクロームブッカーの皆様におかれましてはhpを選ぶと良いようです。価格・インク共に他のメーカーと大差ありません。ネット対応プリンターで6,000円台のものもあります。

HP プリンター インクジェット 複合機 ENVY4504 A9T89A#ABJ (ワイヤレス/自動両面印刷)

B00N2F8DWW

Google Cloud Printについて

ここからはGoogle Cloud Printの話です。余談になりますので興味ない方は飛ばして下さい。

通常の印刷はPCとプリンターを(有線無線に関わらず)直接繋いで印刷するのですが、Google Cloud PrintではPCからデータを一旦Googleのサーバーへ転送し、Googleのサーバーからプリンターへデータを転送する仕組みです。何故そんなことをするかというと、インターネットさえあれば場所・デバイスの制約なしで印刷することが可能になるからです。同僚や友人と共有のグーグルアカウントを作っておけば、プリンターをFAXとして使うことも可能です。

デメリットとして、設定が分かりにくいことがあるようです。プリンターメーカーがGoogle Cloud Printの存在をガン無視しているのでそもそも対応していなかったり、設定のためのマニュアルが無かったり。「HP Print for Chrome」はそうした声に対応した形になります。

follow us in feedly

スポンサーリンク

パソコソブログランキングの順位が174位まで下がったんです!誰か助けて・・助けてクレメンス・・・
パソコン ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です