Monthly Archives: 10月 2015

出張の必須アイテム、有線LANを無線Wifiに変換する機器

Chromebookには有線接続が出来ません。そもそもポートがありません。まあアメリカでは無線がないホテルなどないので問題ないのでしょうが、ビジネスホテルなどまだ有線のみのところもあると思います。そんなときにおすすめなのがこれ。

コンセントに挿してLANコードを挿すだけ。プラグも収納式なので邪魔になりません。出張で軽いChromebookを持っていたはいいものの、ネットが繋がらないのでは意味がないので、出張で使う人は備えておきましょう。

参考:Chromebookを有線LANに接続する方法


Toshiba Chromebook新モデル発売開始

アメリカでは11月の第4木曜日、「サンクスギビング(thanks giving)」というアメリカ最大級のイベントがあります。アメリカ各地に散らばっている家族が集めるイベントで、七面鳥を食べ家族でプレゼント交換するのが一般的です。アメリカではこのサンクスギビングからクリスマスまでの1か月が最もモノが売れる時期で、小売店では年間売上の7割がこの時期に集中するとも言われます。そんななか、大ベストセラーとなったToshiba Chromebookが新モデルを発売しました。

Toshiba Chromebook 2 ニューモデル

アメリカで売れに売れた東芝製、Toshiba Chromebook 2(型番はCB35-B3340と下位モデルのCB35-B3330)ですが、その後継機となるモデルがアメリカアマゾンで発売されました。

型番は「Toshiba Chromebook 2 CB35-C3300」。

Toshiba Chromebook 3になるのではないかと思ってましたが、名前は2で据え置き。見た目は旧モデルと同じです。まあ旧モデルの完成度が高すぎるので、これでいいのでしょう。

バージョンも旧モデルと同じで2種類。気になるスペックですが、まずCPUがバージョンアップしています。旧モデルではN2840を採用していましたが、新モデルは下位モデルが第5世代の3215U(@1.7 GHz)を採用、上位モデルはIntel Core i3-5015U(@2.1 GHz)を採用しています。

また今回は2GBのオプションが廃止され、メモリは4GB,ストレージはSSD16GBとなっています。さらに下位機種にも13.3-Inch Full HD IPS Displayを搭載。

あと違いといえばキーボードにバックライトが付いたくらいです。USB-Cの採用も見送られ、控えめな変更となっています。気になる価格は下位モデルが$329、上位モデルが$469です。旧モデルの上位モデルが現在アマゾンで$299となっているので、ねらい目かも知れません。

なお新モデルはもう米アマゾンで買えるのですが、旧モデル同様レビューが非常に高いです。日本でも発売して欲しい・・・今のところ入手方法は米アマゾンで買うか、X-Borderみたいなサイトで買うくらいです。

まとめ

Acer, Dellに続き ToshitaからもCore i3モデルを発売するのは興味深いところです。Chromebookを実際に使ってみて感じるのは、これで出来ないことはあまりないというところです。

ただ私の所有するAcer CB-111はちょいと使うのに至極便利であっても、腰を据えてガッツリ使うときにはやはりメインのPCを立ち上げることになります。これはChrome OSの問題というよりハードの問題。重い作業をするときには、やはりCPU,メモリの力不足が足かせになります。もし仕事などで本格的に使うことを検討するのであれば、パワーはあるに越したことはないですし、液晶もキレイな方がいいに決まっています。ただそうなるとChromebookの利点である「安価なところ」というメインコンセプトが崩れてしまいます。一方でメーカーがこぞってパワーのあるChromebookを投入しているところを見ると、Chromebookの役割がメインPCありきのサブマシンというところから、メインマシンへと進化をしているのではないかと予想されます。office onlineしかり、Adobe Creative Cloud‎しかりと今やオンラインで全て完結する時代です。そういった時代をつくるのに一役買っているChromebook。これからも注目していきたいと思います。


ASUS Chromebook Flip C100PA 日本で発売開始!

ヒンジが回転し、タブレットとしても一応使えるASUS Chromebook Flipがアマゾンで販売中。値段は¥42,984。(2016年4月25現在:¥34,285)液晶はIPS液晶なので、まあ妥当な値段かなというところ。

裏技的な「ChromebookでAndroidアプリを動かす方法」を使ってChromebook FlipをAndroidタブレットとしても使いたい、もしくはネット動画再生用として使いたい(Amazonプライムビデオなど)、という人には選択肢として入るかもしれません。

追記:AndroidがChromeOSへ来るというニュースが盛んに報じられていますが、もし実現すればこのChromebookがAndroidタブレットになり、存在価値が一気に上がりることになります。多分値段が高騰するので買おうと思うているお方は今が決断の時。
参考記事:【超速報】AndroidアプリがついにChromeOSに!?

スペック

スペックは以下の通り。タッチ対応スクリーンです。

ディスプレイ:TFTカラータッチスクリーンIPS液晶(最大1,920×1,080ドット/LEDバックライト)
CPU:Rockchip Quad-Core RK3288C
RAM:2G
HDD:16G
重量:約890g
バッテリー:約9時間
その他機能:Webカメラ:92万画素、ステレオスピーカー内蔵(1.5W×2):アレイマイク内蔵、
外部ディスプレイ出力:microHDMI×1、USBポート:USB2.0×2
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/Bluetooth 4.0

ASUS ノートパソコン Chromebook Flip C100PA-RK3288 タッチパネル/10.1インチ/シルバー

B015W23ZW0

価格: ¥34,285 (2016年04月25日現在)

参考記事:フリップ型Chromebook Acer R11

ちなみにmicroSDXCメモリーカード対応なので、200GBくらいまで容量を増やせます。
B015GP6Q42


1日Chromebookを持ち歩いてみた感想

当方は関東在住なんですが、東京に用があり、向かう電車で書類を直すためにChromebookを持って行きました。今まではせいぜいオフィスと駐車場の間を行き来する程度でしたが、長時間の移動にChromebookを携えたのはこれが初になります。

Chromebookの携帯性の良さを再確認

電車に乗っているちょっとした時間でサッと取り出して作業出来るChromebookの良さを再確認。

ただiPhone6sでのテザリングは、電波の多い場所では繋がるまでやや時間がかかるといった印象(15秒位)。あと「ダウンロード」フォルダにWORDファイルを入れて、これを作業したのですが、オフラインでも自動的に変更が保存されます。まあローカルで作業しているので当たり前と言えば当たり前ですが。

Google Driveもオフラインで作業出来るものの(ブラウザ経由では使えません。メニューからGoogle Driveを立ち上げる必要があります)日本語が変になる、などややトラブルがあった印象(日本語はtextアプリで書いてGoogleドキュメントに貼り付けたところ、日本語入力機能が回復。一体どんな仕組みなのか・・・)。

今回の教訓として、ワードファイル(.docx)を「ダウンロード」フォルダに1つ入れておいて、必要になった時にそれを使う。もしくは外出先で修正が必要なファイルは、予めGoogle Driveからローカルファルダである「ダウンロード」フォルダに移しておく。オフライン環境ではローカルで作業する方がトラブルなく行けると思います。

コンビニでプリントする時点でテザリングなりで繋げばよし。

実際に1日持ち歩いてみて正直な感想

さて軽いカバンにChromebookを入れ外をウロウロしていたのですが、やはり時間が立つと重さが堪えてきます。マウスやモバイルバッテリーなど余計なものを持って行ってしまったのも一因ですが。

電車で使うなどといった場合マウスなど完全にお荷物です。

約1.1キロのChromebookでこれなので、やはり携帯性を重視する人は11.6インチモデルがおすすめ。狭い電車や駅の狭い食堂で軽く使う分には邪魔にならずに使えます。


出先で印刷したい時は「ネットプリントサービス」が便利

出先でファイルを修正し、印刷したい時ってありますよね。そんなとき便利なのがコンビニのネットプリントサービスです。

1つはセブンイレブンの「セブンネットプリント」。もう一つはサークルK,ファミリーマート、ローソンで使える「ネットワークプリントサービス」。

どちらも登録は1分程度なのでやっておいて損はないと思われます。勿論Chromebookから利用可能です。

操作方法

操作方法は2つとも大体同じです。ウェブサイトでログインしたら「普通紙に印刷」というアイコンがあるのでクリックしてファイルをアップロード。紙サイズなどオプションを指定して登録すると予約番号が表示されます。

店頭でセブン-イレブンのマルチコピー機の画面から「ネットプリント」を選択し、8桁のプリント予約番号を入力して完了。

いざというときの為に備えておきましょう。私はセブンイレブンのやつだけ登録していたのですが、出先にセブンイレブンがなくて、結局ファミマでネットワークプリントへその場で登録してプリントする羽目になりました。ただファイルのアップロードなどにネット環境が必要なのでテザリングかスポットwifiを活用すべし。


Chromebookの日本語についてのトラブル対処法

輸入盤のChromebookを使っているので、国内版の方でどうなっているかわかりませんが、日本語にまつわる2大トラブルの対処法です。テキストファイルの文字化けと日本語キーボードになっているのに日本語が打てない問題。どちらも簡単に解決します。

まずテキストファイルの文字化け。
ドロップボックスなどに入れたテキストファイルはそのまま開くとブラウザ上で表示されます。この時初期設定のままだと文字化けします。対処法はまず設定メニューから「その他のツール」→「エンコード」。一番上に「自動検出」とありますのでここをクリックすると次回から自動検出して表示してくれます。これでダメな時はエンコードの種類を手動で選ぶかテキストアプリを使って開くことになりそうですが、まあ大丈夫でしょう。

ついで日本語キーボードになっているのに半角英語になってしまう問題。これはChromebookのせいではありません。まず右下のメニューを右クリック。「Google日本語入力(USキーボード用)」と出てきますので、そこをクリック。「ひらがな」を選択すれば治ります。ちなみに言語の切り替えは「Shift+Alt」もしくは「Ctrl+スペースバー」で切り替えることが出来ます。


ネット動画とChromebookの相性が抜群な2つの理由

アマゾンプライムビデオやTverが登場して以来、ますます使用機会が増えたChromebook。HDMIでディスプレイに繋げばChromebookの弱点であるディスプレイの問題があっさり解決するので、HDMI付きのテレビ、またはディスプレイがあればネット動画とChromebookの相性は抜群です。

理由は2つ。

amazon_prime_video

①ファンレスなChromebook

モデルにもよりますが、新しいモデルは大体ファンレスなので全くの無音です。これが意外と大きいです。何かを見ているときはやはり静かな方がいい。ファンがガーッと回ったりすると興ざめですからね。Chromebookを使い出してからはPS3のファンの音が気になるようになってしまいました・・・ファンレスですが、全く熱は持ちません。Fushigi.

②バッテリー持ち

バッテリーはCB3-111は公表8.5時間ですが、当然使い方で持続時間は変わってきます。動画を連続で見ていると大体6時間程度になると思います。6時間も動画を見続けるなんていうこともあまりないので、十分でしょう。リビングに持って行ってTVに繋いで映画を見る、なんていう時などわざわざアダプターを持っていく必要がないのでありがたし。

総括

ネット動画プレイヤーとしては本当にいいなとしみじみ思います。Chromebookがアマゾン、プライムビデオでより強固なモノになるとはなんとも皮肉ですが。プライムビデオに限らずChromebookはHuluやDアニメストアなどもっと気軽に試したい人にはおすすめです。

関連:
Chromebookでdアニメストア・Gyaoを視聴する方法 | Chrome通信
ChromebookでもAmazonプライム・ビデオが視聴可能! | Chrome通信